産後骨盤矯正

このようなお悩みはお任せください!

産後に骨盤の歪みに悩む女性

  • 産後、腰が痛み、育児が辛い
  • 育児の疲れが溜まり、何をするのもしんどい
  • 抱っこや無理な姿勢を取ることが多く、腰や腕、脚の関節が痛む
  • 産後、生理痛がひどくなった
  • 代謝を整え、妊娠前の体型に早く戻したい

産後に骨盤が歪みやすくなるのは、どうして?

産後骨盤矯正の施術お腹の中の赤ちゃんを支える大切な骨盤。
お母さんの骨盤は、妊娠中に大きな変化をしているのです。

妊娠すると、リラキシンというホルモンが分泌されます。このホルモンは出産に備えて、赤ちゃんがお母さんの骨盤を通れるように、骨盤まわりの関節や靭帯を緩める働きがあります。
そして、出産で、一気に骨盤が開き、赤ちゃんが無事に出てくることができるのです。
その、リラキシンというホルモンは、産後数か月間まで分泌され続けます。
育児に追われる中、骨盤は、とても不安定な状態になっているのです。

産後骨盤矯正は、なぜ必要なの?

産後、数か月経過すると、骨盤を緩めるホルモンの分泌が徐々に治まってきます。
そうすると、骨盤は元の位置に戻り、固まっていきます。
しかし、この時期に、いつも決まった方の腕での抱っこや横座りやあぐらでの抱っこ、無理な体勢での授乳などの悪い姿勢によって、骨盤が広がったり、歪んだりしたまま固まってしまうのです。

骨盤は、身体の要となる、とても大切な部分です。

産後の骨盤矯正をすると、どうなるの?

産後、骨盤の開きや歪みをそのままにしておくと、元の位置に戻らずにその状態で固まってしまいます。
そうすると、血行が悪くなり、代謝も落ち、腰や股関節の疲れが取れなかったり、痛みが出てきてしまいます。また、代謝が落ちるので、痩せにくい身体になってしまいます。

特にスムーズに元の状態に戻せるのが、出産後、3か月頃だと言われています。
骨盤が緩んでいるため、妊娠前よりもいい状態に整えることも可能です。

産後に起こりやすいトラブルである、腰痛、関節痛、腰痛、尿漏れ、冷え性、便秘などは、骨盤の歪みからくる、腰や恥骨などへの負担や、骨盤内の子宮や膀胱などの臓器の位置の変化、血行の悪さにより、引き起こされることが多くあります。

骨盤矯正により、そのような辛い悩みから解放されるかもしれません。

また、不調の解消だけではありません。骨盤矯正により、臓器の位置が整いポッコリおなかがすっきりしたり、代謝が上がることで痩せやすい身体になる、など、女性にはうれしいスタイルアップも期待できます。

産後骨盤を矯正することでスタイルアップも期待できます

菊川駅前整骨院の産後骨盤矯正

骨盤ベルトの巻き方をアドバイスする様子菊川駅前整骨院の骨盤矯正は、産後のまだデリケートなお身体に配慮した、全て手技で行う優しい施術です。多くの方に安心してお受けいただいております。

ていねいなカウンセリングと検査で、身体の状態をしっかりと見極め、痛みの原因を把握することで、産後の様々なお悩みをより早く解消することを目指します。

また、回復後もお悩みを繰り返さない身体作りもサポートいたします。
骨盤ベルトの正しい巻き方もアドバイスさせていただいております。

ぜひ、お気軽にご連絡ください。